会社案内

環境に配慮した、廃油燃焼機器の開発と製造・販売を行っております。

「燃焼に真摯に向き合う」- 代表あいさつ

代表写真

代表取締役 山崎 克行 略歴

1968年
長野県須坂市生まれ/50才
1989年
長野県立須坂高等学校卒
1994年
横浜市立大学文理学部卒
1994年
佐久長聖高校 数学教諭
1997年
信州工業株式会社入社
2014年
信州工業 代表取締役就任

当社は、従来「燃料」とされていないような「廃油」「廃プラ」「廃材」などを燃焼させる暖房機の設計・製造・販売を一貫して行っております。そのような特殊な燃料の暖房機を50年の間製作して参りました。このような燃料では「いかに完全燃焼に近づけるか」が最重要課題になります。完全燃焼化、ガス化、無煙化において半世紀研究、経験を重ねて参っておりますので皆様におかれましてはご安心して当社製品をご使用いただけると確信、自負しております。
当社製品は1973年と1979年のオイルショック時には石油に変わる代替燃料として廃油、廃プラが注目され需要を伸ばして参りました。現在はオイルショックという事象はなく、当時ほどの需要はございませんが、燃料資源節減、省コスト化のニーズをいただき今も尚、自動車整備業界、製造業界、その他諸々の業種の方々にご愛顧いただいております。また「植物由来」の廃油におきましてはカーボンニュートラルの観点からCO2削減のツールとして注目をいただいております。
また、燃料は特殊ではありますが「暖房機」としての性能に関しても通常の燃料の暖房機などにひけをとらないものと自負しております。廃油の種類によっては灯油などの通常燃料よりも高カロリーなものもあり「廃油ストーブは火力が強力」とおっしゃる方も少なくはありません。
凍てつく寒さの中、暖かさを提供するストーブは、単に周囲を暖めるだけではなく、そこにおられる方々のこころも暖める、ホッとさせる存在だと思っております。我々は今後も“皆様を文字通り「暖められる」製品”を提供するため努力して参る所存です。信州工業株式会社
代表取締役 山崎 克行

信州工業株式会社

TEL 026-245-8211

メールでのお問合わせ

廃油ストーブなど廃油燃焼機器の製造・販売
信州工業株式会社/長野県須坂市墨坂南1-18-13 TEL 026-245-8211 FAX 026-248-2450